東京のホテル葬儀の人気と現状


東京でのホテル葬儀とは親族のみで家族葬を行った後、友人や知人が故人とのお別れを行う骨葬での告別式のことです。よく芸能人などが身内での葬儀の後、日を改めてお別れの会や偲ぶ会を行うケースがありますが、それと同じようなものと考えて良いです。
近年の傾向として、あまり派手な葬儀は皆さん希望しないようになってきています。一般的な告別式だと、心が落ち着かないうちに忙しくバタバタと過ぎてしまい、ゆっくりと故人を偲ぶというわけにもいかないことが少なくないのが現状です。しかし時間を置いて場を改めることによって、だんだんと心が落ち着いてきます。そういう状態になってから、故人が親しくしていた友人や知人の方々と故人を偲んで、ゆっくりと歓談する場を設けることができるのが人気の理由ではないでしょうか。
またなぜホテルなのかというと、立地の利便性が高く設備も整っており総合的にみていちばん適当だからです。さらにホテルならではのしっかりしたおもてなしを受けることができるのと、遠方から来た方への宿泊場所などへの対応もできるというのも強みです。
そして一般的な告別式と違い読経や焼香は無く、音楽などを流して花祭壇に献花をするという形になります。バラエティー豊かな料理を用意することも可能で、コース料理やバイキング、立食などお好みに合わせた料理を用意することができます。
それから開催時期は、火葬の当日や一週間前後だったり、四十九日に合わせたりなど様々なようです。