東京の葬儀場のパート求人の特徴


パート求人には様々な物がありますが、その中に葬儀場の求人があります。セレモニースタッフとも呼ばれる、葬儀に参列される方や、ご遺族のサポートを行う場合と、葬儀が終わった後の片付けをし、次の葬儀の準備を行う場合があります。東京などの都市部では、家族葬と呼ばれる、近親者のみで執り行う葬儀を専門とする業者も多くあります。家族葬は、規模は小さいながらも、ご本人やご遺族の意向に添った内容で、個性的なリクエストが来る場合もあり、業者はそれに対応しなければなりません。また、ご自宅を会場にする場合もあるので、その都度、飾りつけなどの段取りが変わってきますし、ご遺族との接触も増えるので、心配りが大切となります。パートスタッフと言えども、依頼者であるご遺族からすれば、業者の1人なので、失礼がないように注意しなければなりません。ご遺族は、とてもデリケートな状態ですし、不慣れな事がとても多いです。パートであっても、様々な質問を受けたり、戸惑いの言葉をかけられる場合もあします。どのような場合であっても、お客様への配慮を忘れない対応が必要です。
葬儀の予約が入るのは、深夜など時間が決まっていないので、急な予定変更がある場合も珍しくありませんし、勤務時間外でも、その連絡が入るかもしれないので、連絡が付くようにしなければなりません。夜間や早朝の勤務もあるので、勤務希望の時間帯を事前に報告しておくと、シフト作成がスムーズです。