東京の葬儀場・火葬場が大混雑!葬儀場の現状


都市圏である東京の葬儀場は、混雑が激しくて火葬場や斎場の予約が取りにくいという特徴があります。特に混んでいるのは、火葬場が併設になった式場(斎場)です。ここは慢性的な混雑で、特に冬場は1週間先まで予約が取れないなどという事もあります。
なぜこんなに混むのかというと、火葬と葬儀が一緒に出来るという利便性から、斎場の利用者が増えたせいです。移動が楽ですし、霊柩車やマイクロバスの手配も不要です。さらに、数の少なさも混雑に拍車をかけています。
東京の葬儀場は混み合うので、千葉や埼玉に近い地域ならば、県外で葬儀を行うという方法もあります。
人口が多いのに火葬場が少ないというのは、東京のデメリットです。
もしどうしても急ぐ理由があるのならば、葬儀社の人に相談して、公営の式場、貸式場などを紹介してもらうのが良いかもしれません。
また、家族葬で済ませるという方法もあります。これはあくまでも火葬を済ませた後になりますが、火葬だけ先に済ませて、後は親族だけで集まれば、混みやすい式場に日程を合わせなくて済みます。
最近では直葬という、通夜や告別式を行わずに直接火葬場に運ぶという方法を選ぶ人もいます。特に人口の多い首都圏では家族葬を選択する人が増えています。
田舎では地域のしきたりなど面倒な事があり、家族葬だと後々近隣と揉めることが多いですが、県外から人が集まっている首都圏では家族葬でも問題がない可能性が高いからです。